エスケイ通信は環境保全から、地球への被害を減らす

エスケイ通信は、家族主義という企業理念のもと、事業を拡げ続けている成長著しい会社です。
社員がともに切磋琢磨しながら成長し続けることをモットーに、社長自らも社員一人一人の声にしっかり耳を傾けるなど、チームワークを重視しています。
エスケイ通信はもともと複合機や携帯電話の販売事業を中心におこなっていましたが、モバイルマーケティングサービスへと事業を徐々にシフトしていくことで、15期連続最高益達成を継続し続けています。
そういった時代の流れに合わせて変化し続けることができるのが、この会社の強みといえます。
主なサービス内容の一つとして、WEBモバイルといった会社独自で開発したサービスを使用しながら、集客プロモーションを手掛けています。
ネイルサロンや美容院、飲食店やマッサージ店といった、様々なクライアントに対してコンサルティングをおこない、店舗の販促をサポートしています。
また、この会社の特徴として、若手の活躍が著しいということがあります。20代の社員が多い若い会社ということもあり、責任ある仕事を積極的に若手にまかせ、成長を促す社風があります。
例えば、チームの責任者や新事業の企画者など、若手が積極的に抜擢されています。一人ひとりの会社への貢献度が非常にわかりやすく、自分の能力を発揮しやすい会社だといえます。
また、女性社員に対しても、役職者への積極的登用を進めたり、産休や育児休暇を取得することを促している会社でもあります。全社員に対しても年次休暇取得を積極的に進めており、プライベートライフも充実することを大切にしています。また定期的なイベントも開催されており、社員同士の交流も積極的に図られています。

エスケイ通信では、労働環境改善と社会活動、そして環境保全の取り組みを積極的におこなっています。
世界では、自然環境の破壊が急速に進んでいる現状があり、資源を大量に消費してしまうことや、大規模な開発のために、
森林や湿地滞はますます減少し、沿岸生態系が劣化していったり、土壌汚染や、生物種の絶滅といった様々な被害がでています。
自然環境というのは、私たちの生活にとって欠かすことのできない大切な資源を提供するだけではなく、気候や水の浄化といった、人間が安全に生活するためにはなくてはならないものです。
また、開発途上国においては、貧困のために自然環境が破壊され、そのことでますます貧困が深刻化しているという、悪循環がおこっています。国際社会の一員としても、自然環境を守り、生態系と人間活動のバランスが取れた社会を作っていくことが求められています。
そして、企業にとってもCO2の排出を削減をすることや、省エネ対策といった環境負荷を軽減していくことは義務化しつつあるといえます。エスケイ通信でもそういった意識を高く持ち続け、少しでも環境保全に貢献し、被害を減らすため努力し続けています。
例えば、夏場や冬場に空調の温度設定をおこなうことで電力消費をセーブしたり、社内照明もLED照明に切り替えています。また、LEDの商材販売も始めるなど、積極的に世の中に対して、電力供給の確保のための取り組みも進めています。社員一人ひとりが意識を持ち、身近なところから活動を率先していくことを勧めている会社です。

エスケイ通信は環境保全の需要がますます高まるなか、少しでも地球への被害を減らすために様々な企業が取り組みをおこなっています。
例えば、日本鉄鋼業では、生産工程における省エネや、高機能鋼材を組み込む最終製品の段階でのCO2削減といったことや、省エネ技術を移転したり普及することで、地球規模のCO2削減を推進しています。
新日鉄住金鹿島製鉄所においては、2007年に操業を開始して以来、石炭代替え燃料として、木材パレットなどの廃木材を使用しています。その結果、2014年においては、約6,200トンのCO2を削減することに成功しています。このように大規模なCO2削減に取り組む企業がますます増えている現状があります。
エスケイ通信といった中小企業でもCO2削減や省エネのための取り組みは積極的におこなわれており、大規模ではありませんが、一人ひとりが意識をもって行動に移しています。
もちろん、世界的な規模の企業が積極的にCO2削減や省エネに取り組んでいくことも大切ですが、地球に住む一人ひとりが意識をもって行動していくこともとても大切になってきます。
例えば家庭でできるCO2削減や省エネも大きな視点で見れば非常に重要な役割を果たすことができます。
例えば、ガソリンを毎月40リットル消費していたところを30リットルにするだけで、一年間の間でCO2を大量に削減することができます。それは80本の杉の木が吸収することができる量だと言われています。
また、省エネも非常に簡単なところからおこなうことができます。エアコンを一時間つけないでおくこと、ペットボトルを買うのではなく、水筒を持っていくこと、シャワーの時間を短くすることなど、こういった小さなことから始めることで、地球への被害を減らすことができます。特にエスケイ通信という会社は、そういった意識を高く持ち続けている会社であるといえます。

株式会社エス・ケイ通信
http://sk-t.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  2. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…
  3. 村瀬孝司は、現在は30歳になろうかというところですが、沢山の人をこれまでに助けてきました。彼は、実は…

アーカイブ

ページ上部へ戻る