返済義務がない奨学金も! 武蔵野音楽大学の奨学金制度

返済義務がない奨学金も! 武蔵野音楽大学の奨学金制度

武蔵野音楽大学では、独自の奨学金制度を設けています。返還義務のない奨励金制度もあり、より生徒が通いやすい大学創りに注力しています。では、具体的にどんな制度なのか、詳細をご紹介しましょう。

・独自の制度「福井直秋記念奨学金」
福井直秋記念奨学金は、武蔵野音楽大学創立者である「福井直秋」の名前を冠した奨励金制度です。返還義務がないのが特徴で、向学心をもった学業、人物ともに優れた学生を対象に制定されました。

音楽学部の新入学生に対する。奨学金の内容は、全体のうち2名が授業料全額相当、2名が授業料半額相当、そして20名が入学金相当の給付となります。授業料全額は約171万円になり、対象となった2名の特待生は、この授業料を負担することなく武蔵野音楽大学にて授業を受けられるという、非常に魅力的な内容です。また、20名が対象となる入学金相当の場合は10万円の費用負担が軽減できます。さらに、入学後2年〜4年生に対する奨学金も1名が授業料全額相当、28名が年額20万円を支給される他、外国人留学生ための奨学金なども充実しています。

・国の制度「日本学生支援機構奨学金」
日本学生支援機構奨学金では、将来を担う学生を支援しようという目的のもと、奨学金の制度を提供しています。設けられている制度の種類は貸与型と給付型の2つ。給付型は海外へ留学をする方に向けた奨学金になります。

貸与の場合には、大学に通う生徒に対して、無利息の第一種奨学金、あるいは利息付きの第二種奨学金が貸与されます。貸与人数は平成27年の時点で134万人にも上り、多くの方がこの日本学生支援機構奨学金を利用しています。在学中に返還に関する説明会や手続きが行われますので、卒業する前に手続きなどを済ませましょう。卒業後は、既定の額が口座より引き落とされます。

・経済的負担を軽減する特典も
武蔵野音楽大学では、奨学金以外にも、経済的負担を軽減するための特典が用意されています。

一つ目は、兄弟姉妹がいる場合の免除です。大学院、大学、附属高等学校、附属幼稚園、いずれかの中に兄弟姉妹が2名以上在籍している場合は新入生の入学金が免除されます。また、兄弟姉妹が同時に入学する場合も、1名の入学金が免除になります。

二つ目は、休学や留年における学費軽減です。何らかの事情により半年以上休学、または留学する場合、授業料と施設費が減額されます。また、休学や留学により履修単位が足りなくなった際には、不足単位分の授業料が減額となります。

ここで紹介した以外にも、費用負担を軽減できる特典がいくつも設定されています。武蔵野音楽大学への入学を検討している方は、奨学金や特典などについても一度調べてみて下さい。

武蔵野音楽大学
http://www.musashino-music.ac.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 徳永祐助はインテリアデザイナーをしており、その仕事に日々やりがいを感じています。多くの人は自分の好き…
  2. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  3. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…

アーカイブ

ページ上部へ戻る