triple a 出版(トリプルエー出版)の会社事業と業界への思い

triple a 出版(トリプルエー出版)は、主にパチンコやパチスロに関する情報誌を出版している会社です。パチンコやパチスロに持っているイメージは、ギャンブルというあまりよくない部分が先行しがちですが、日常の息抜きとしての楽しさや、ハラハラドキドキする興奮を味会うことのできる、ちゃんと節度さえ守れば非常に面白い遊びです。
triple a 出版では「でちゃう!」というホール情報誌を出版しています。この情報誌には、パチンコやパチスロの機種の紹介や、機種の実践データ、新台の紹介、地域のホールの紹介など、様々な情報が載っています。パチンコやパチスロを打つ人にとって、この一冊で役に立つ情報を得ることができます。また、パチンコ、パチスロホール関係者にとっては、自分のホールの特徴をアピールしたり、宣伝する事ができるので、双方にとってとても有益な情報誌となっています。
「でちゃう!」のHPでは、「でちゃう!」電子版もあります。こちらは各地域の地方のホールの紹介など、事細かな情報を知ることができます。今まで行ったことのないホールの情報も知る事ができます。
ホールの情報をHPからやコンビニからといつでもどこでも、簡単に手に入れる事ができます。媒体も紙やスマホ、PCと、種類に富んでいます。

triple a 出版 はまた、様々な事にチャレンジしています。パチンコ業界の底上げを図るべく、パチンコ業界で働く人材をマッチングさせたり、製品やサービスのマッチングも行っています。今まで情報誌を出版してきての、お客さんとホールをつなぐ事に注力してきた結果と言えるでしょう。
その他に、でちゃう!ガールズというアイドルも生み出しています。ホールに遊びに来たお客さんをもてなし、より楽しんで遊んでもらえるよう、積極的に活動しています。彼女達はその他に、TVやCMに出る事により、パチンコ、パチスロの知名度をあげていく活動もしています。
このように、triple a 出版は、業界全体を巻き込んで、お客さん、ホールの人達、メーカーの人達と共に、これからのパチンコ、パチスロ業界を盛り上げていこうとしています。
最後に、こうした業界を盛り上げていく一方で、環境・社会貢献活動も地道に行っています。「ハートオブゴールド」や「NPO法人美ぎ島〈かぎすま)宮古島・美ぎ島募金」や「日本赤十字社 東日本大震災義援金」や「福島県節電プロジェクト義援金」という活動も過去に行っており、少しでも楽しい事が増える世の中にしたいという、社会貢献もしています。

株式会社triple a 出版
https://www.triplea-pub.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  2. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…
  3. 村瀬孝司は、現在は30歳になろうかというところですが、沢山の人をこれまでに助けてきました。彼は、実は…

アーカイブ

ページ上部へ戻る