テクニコの事業内容や転職者の評判について紹介します

テクニコの主要事業はオペレーションに関するものです。様々なオペレーションを行いますが、主にホテルでの催し物を担当することが多いです。主に、催し物で必要なライティングやサウンドの運用を行います。専用機器を駆使して、催し物を成功へと導くのです。また、もう一つの主要事業は制作です。こちらの事業は物販を行っている企業を対象としています。物品のセールスを活性化するためにムービーなどの制作を手掛けています。ムービーに関しては脚本からアレンジまで、全行程を自社で行うことができます。このような全行程を行うスキルを有している会社は非常に少ないです。テクニコであれば一社に依頼するだけで良いので、クライアントの間で評判が良いです。この全行程を行う仕事は非常に需要があります。その反面で忘れてはいけないこともあります。ライティングやサウンドを単独で手掛ける企業は多くありますが、それらの企業にクオリティの面で負けてはいけないのです。ライティングやサウンド、ムービーにいたるまで全てを担当したうえで、一つ一つのクオリティでも勝たなければなりません。これは簡単なことではありません。しかし、それだけにやりがいがあると言えるのです。社員は通常の企業に勤務するより、はるかに多くの体験をする機会に恵まれています。全行程を行うので、それら全てを無事に完了させた時の達成感は非常に大きいです。

催し物には予想もできないような問題がよく起こります。しかし、どれだけ想定外のことが起こっても、クライアントに満足してもらえるように努力するという熱い気持ちを社員全員が持っています。それがクライアントにとても評判が良い大きな理由です。クライアント一人ひとりの希望を全て叶えられるように事前に綿密に計画を立てます。そのうえで、当日に発生する問題に対処しながら催し物を成功させるのです。ライティングやムービーを単独で行う会社ではそういう達成感を味わことはできません。催し物を担当する多くの会社ではクライアントごとに個別のサービスを行うことは少ないです。テクニコはクライアントごとに個別のソリューションを提供することが事業にとって最も重要であると考えています。なぜなら、クライアントごとに感性が異なるからです。世の中に同じ人間がいないように、感性も必ず個人差があります。その僅かな差を考慮に入れて、顧客満足を最大化させるような事業を行っています。それらを実現するには、社員には非常に高いスキルを持っている必要があります。しかし、転職する時に専門知識がなくても全く問題はありません。社内の充実したセミナーによってスキルを隈なく身につけることができるからです。会社全体が、社員や転職者への教育を事業の重要なポイントであると考えているのです。

社員は、社内のカリキュラムに沿って着実にスキルを身に付け、戦力になれる基盤が固まってから、仕事を担当します。社内に入ってから教育を十分に行ってくれるので、学歴などで差別されることはありません。社員や転職者にとっては非常にフェアであることが評判になっています。テクニコのクライアントへのサービスは上述の通りですが、社員や転職者へのサービスも評判が良いです。福利厚生が完備しているのです。会社全体が社員をバックアップしているので、非常に働きやすいと感じている社員が多いです。無料での社内教育を充実させており、社員に勉強のための負担が発生しないようにしています。これにより社員は金銭面だけでなく、時間面においても恩恵を受けることができます。勉強のために私用の時間を減らす必要がないのです。社員が疲れを癒す施設も用意しており、仕事において最高のパフォーマンスを発揮できるように社員のための環境を整えています。テクニコは、事業を成功させるための大切なリソースとして社員を大切にしているため、転職者に評判が良いのです。

株式会社テクニコ
http://www.technico-co.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 徳永祐助はインテリアデザイナーをしており、その仕事に日々やりがいを感じています。多くの人は自分の好き…
  2. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  3. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…

アーカイブ

ページ上部へ戻る