庄古知久と救命救急センターの使命

松戸市民の健康を守るために存在する松戸市立病院は誰もが、かかってよかったと思えるような病院を目指して日々精進しています。患者さんとのコミュニケーションを大切に考え、二人三脚での治療をモットーとする松戸市立病院には緊急の治療が必要となる患者さんの受け入れを行う救命救急センターも存在し、庄古知久氏がセンター長を務めています。庄古知久氏は救急医学や災害医学、集中医学のスペシャリストであり、東京医科歯科大学救急災害医学臨床教授でもあります。これまでに多くの患者さんの命を救ってきた実績がありますし、患者さんからもスタッフからも多大な支持を得ている人物と言えるでしょう。庄古知久氏が率いる救命救急センターにはほかにも腕の確かなスタッフが複数在籍しており、緊急性の高い患者さんへの適切な治療を提供しています。救命救急センターでは24時間態勢での患者さんの受け入れを行っていますし、松戸市だけでなく近隣からも広く患者さんの受け入れを行っているのが特徴と言えるでしょう。東京都葛飾区や埼玉県の三郷市からも患者を受け入れるなど少しでも多くの患者さんの命を救おうと奮闘しています。

救命救急センターではすぐにでも治療が必要となる患者さんの受け入れを行っていますし、そのような重症患者の命を救うには常に最新の医療を提供する必要があります。そのため、救命救急センターには最先端の医療機器が多数導入されていますし、そのおかげで多くの命が助かっているといっても過言ではないでしょう。それだけ医療機器は重要な存在なのです。どんなに優れたドクターが揃っていたとしても、導入されている医療機器が古いものだと適切な治療、最新の治療を提供することはできません。医療機器がすべてではありませんが、最新の医療とドクターの技術を活かせるだけの医療機器は絶対的に必要となるでしょう。これは医療の世界ではなくどのような業界でも同じことが言えます。コンピューターで考えると分かりやすいかもしれません。コンピューターの世界も移り変わりが激しいですし、1年前まで最新機種だったものがすぐに型遅れとなり処理能力も最新機種に劣ってしまいます。医療、特に救命救急の世界では常に最新医療を与えるために最先端の医療機器を導入する必要があるということです。そのために松戸市立病院の救命救急センターでは最先端機器を導入しているのです。

松戸市立病院の救命救急センターでは、一人でも多くの患者さんを救いたいという想いからドクターカーの運用も始めました。ドクターカーとは救急車のようなものですが、もっとも大きく異なるのはドクターが現場に派遣されるということです。救急車だと救急隊員が現場に向かい、そこで患者さんを回収して病院に運び込むことになりますが、それだと治療が間に合わなくなることもあります。こうしたことを失くすため、松戸市立病院の救命救急センターではドクターカーの運用を行っているのです。一刻も早く治療を施さないと命に関わるというようなケースにおいてドクターカーが使用され、医師が現場に派遣されます。病院に運び込む前から医療を提供することが可能となりますし、これまでに一定の成果を上げることに成功しています。今後はますますドクターカーの需要が高くなるでしょうし、今後はいたるところでドクターカーを見かけるようになるかもしれません。また、松戸市立病院は災害拠点病院にも指定されていますし、災害派遣医療チームも有しています。災害時には被災地で医療活動を行いますし、病院の近くで起きた局地災害に至っては医師がドクターカーで出動するようになっています。

松戸市立病院
http://www.city.matsudo.chiba.jp/hospital/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 痩せようと思っている人のなかには、体重計での重さばかりを気にしているような人もいるようです。美しく痩…
  2. 浦和 エステのbluedoorは、駅からとても近くにあるサロンで、お手頃な価格の施術メニューを多数用…
  3. 大井町 美容室では、顧客目線のサービスを提供しています。まず、年中無休なので平日、休日問わず対応して…

アーカイブ

ページ上部へ戻る