舞台俳優に聞きたい!関根義光さんの“アガらない”マインド

プレゼンテーションに立つとき、緊張してしまう営業マンは少なくありません。では、大勢の観客を前にする人は、どのように考えているのでしょうか。舞台俳優の関根義光さんは、数百人の観客を前にしていますが、アガることなく演技をしています。そこで、今回は関根義光さんに学ぶ、「商談の場でアガらない」営業マンのノウハウについてご紹介します。

舞台に立つ人はアガらない?
緊張しがちな営業マンは、大勢の観客を相手にする舞台俳優がアガらないことに、疑問を感じるかもしれません。その理由について、関根義光さんは、お客さんに対してアガるのは失礼だと考えているからだといいます。彼は、自分のためにお客さんが時間を割いているのに、緊張していることは失礼だと話しているのです。ただし、演じるときに適度な緊張感を持つことで、最大限のパフォーマンスを発揮できるでしょう。

プロ意識を持って営業マンを演じよう
営業マンの仕事は、お客さんに物を売ることです。関根義光さんの表現を借りると、「相手が自分のために時間を割いてくれているのに、アガって、伝えたいことが言えないのは失礼」だと考えられます。商談の場は、相手と楽しくコミュニケーションをする場所という見方もできます。緊張してしまう営業マンは、気楽な気持ちで臨んでみてはいかがでしょうか。

関根義光さんは演劇のなかでサラリーマン役を担当することも少なくありません。彼は、「『プロの営業マン』というキャラクターを演じればアガることもないと思います」と、話してくれました。どうしても商談の場で緊張してしまう方は、仕事をしているときの人格を作り、俳優のような気分でお客さんと話してみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 痩せようと思っている人のなかには、体重計での重さばかりを気にしているような人もいるようです。美しく痩…
  2. 浦和 エステのbluedoorは、駅からとても近くにあるサロンで、お手頃な価格の施術メニューを多数用…
  3. 大井町 美容室では、顧客目線のサービスを提供しています。まず、年中無休なので平日、休日問わず対応して…

アーカイブ

ページ上部へ戻る