金昌宏とwebサイト

金昌宏

金昌宏は、ヨーロッパへの留学経験を生かして、webサイトを立ち上げました。このサイトでは、ヨーロッパの有名ブランドの起源の特集や、関連するファッションの歴史を、彼の知識を用いて紹介しています。彼にとっては、サイト運営は趣味の一環であり、同時に、自分の持っている知識を披露する場でもあります。日頃の疲れを、何か別の作業で癒すことが、彼のストレス発散方法です。

サイトのアクセス数はまぁまぁとのこと。彼は長らく一つの道に携わっていたため、他の道へ足を踏み入れることをされませんでした。だからこそ、サイト運営を通じて、第三者とのコンタクトを取り、自身の欠点を克服できるよう、奮闘されています。最近では、とある業界の有名人からメールがきて、一杯飲んだそうです。

webサイトは、分かりやすい文章が特色です。金昌宏はライターを雇って文章を書いていたそうですが現在はご自分で書かれているそうです。時間がないときは、休日までネタを暖めておくそうです。一般的な文章ではつまらないと感じる時は、ちょっと表現を曲げてみるそうです。

一部の作品は、ご自分の描いたスケッチを掲載しています。アマチュア時代の作品の多くを展示することで、過去との決別と、自分への戒めとしているそうです。アマチュア時代、彼はかなり調子に乗っていたそうです。そのせいで、いまだに過去がトラウマなんだとか。

ちなみに、このwebサイトは、友人に作ってもらったそうです。金昌宏はネット関係にはあまり明るくないため、友人に相談したほうが早いと思ったとか。サイトの作り方について聞かれても、正直返答に困るそうです。友人はプログラマーをしていて、外資系企業に勤めているそうです。

一流は一流を見抜く。金昌宏はそう考えています。彼の眼力は、大したものです。同僚の作品の出来具合には一切口を出さず、他の業界の方の仕事にも文句を言わないそうです。その代わり、彼は人を選びます。仕事上のパートナーをネットで募集したこともあるそうです。その結果、自分より腕のいい方が応募されてしまい、大変丁重にお断りしたそうです。彼曰く、「世の中は広く、まだまだ知らないことがいっぱいある」そうです。

金昌宏は、ネットを通じて広がった人脈をもとに、新たなビジネスを開拓することも考えておられます。真面目な話、彼はビジネスよりも技術の方が上ですので、彼にとっては、自分の工房を持つための準備として、ネットを活用されるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 痩せようと思っている人のなかには、体重計での重さばかりを気にしているような人もいるようです。美しく痩…
  2. 浦和 エステのbluedoorは、駅からとても近くにあるサロンで、お手頃な価格の施術メニューを多数用…
  3. 大井町 美容室では、顧客目線のサービスを提供しています。まず、年中無休なので平日、休日問わず対応して…

アーカイブ

ページ上部へ戻る