矢口敏和がバスフィッシングをはじめたきっかけ

幼いころから趣味でバスフィッシングをはじめ、30代半ばとなった今では動画サイトで初心者用の説明動画を配信して人気を集めている矢口敏和。そもそもいったいなぜ彼がバスフィッシングに興味を持ったのか、そのきっかけについて迫ってみます。

バスフィッシングとの出会い
矢口敏和がバスフィッシングに興味を持ったのは、父親からの影響でした。父親はサラリーマンとして働いていましたが、休日になると必ずバスフィッシングに出掛けるほど熱心に取り組んでいたのです。そして早朝からテレビで放送されていた、バス釣りのコツを教える番組をいつも見ていました。それを父親と一緒に見ていた矢口敏和はある日、「ぼくもバスフィッシングをやってみたい!」と話したところ、父親は快く了承してバスフィッシングへ連れていきます。以降は毎回ではないものの、月に最低3回は連れて行ってもらうようになり、その楽しさに魅了されていきました。

のめり込んだ青春時代
そんな矢口敏和は学生になってもバスフィッシングへの興味は衰えず、むしろどんどん増していったといいます。このころになると父親と一緒ではなく、ひとりで足を運ぶことも珍しくはなくなりました。自分に合ったロッドやリール、ラインなども選ぶようになり、より大きなバスを釣るにはどうすればいいのかと、試行錯誤するほどのめり込んだのです。また幸運なことにバスフィッシングが好きな友人とも出会って、その楽しみを父親だけではない人物に共有できるようなったので、さらなる興奮を覚えるようになりました。

大会でも好成績を残す技術力
そのままバスフィッシングを続けた矢口敏和は社会人になってから、かつての父親がそうであったように、休日になるともっぱらバスフィッシングという生活を送るようになります。そして以前から興味を持っていた大会にも出場するようになり、なんとはじめてのチャレンジで優勝するという快挙を成し遂げました。出場者などの交友関係も増え、複数名でバスフィッシングに出掛けることも珍しくはなくなったところで、「僕の技術は誰かの役に立つかもしれない」と考えるようになります。結果として辿り着いたのが、動画サイトでの動画配信でした。スタート時こそあまり見られていませんでしたが、口コミで徐々に名が知られ、一部では知らない人はいないというほどの人物になりつつあります。矢口敏和は今後どのような活躍をみせてくれるのか、まだまだ目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  2. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…
  3. 村瀬孝司は、現在は30歳になろうかというところですが、沢山の人をこれまでに助けてきました。彼は、実は…

アーカイブ

ページ上部へ戻る