猫の里親ボランティア代表の池田高雄

池田高雄は地元では知られた存在です。彼は地元の高校を卒業した後、ある企業に就職したのですが、現在ではインターネット関連の仕事を自分で請け負うようになり自宅で仕事をしています。池田高雄が有名になったのは猫の里親ボランティアとして活動を始めたことがきっかけです。もともと動物が好きだった彼は現在でも猫を飼っているのですが、その猫を譲渡してくれたボランティア団体の代表が引退するということで彼に新たな代表になってくれるよう打診したのです。最初こそ古参のメンバーへの罪悪感から池田高雄は断りを入れていたのですが、代表や古参のメンバーにも説得されたことにより新たな代表になりました。現在では野良猫の保護をはじめ、保護した猫の譲渡先探しや避妊、去勢手術のためのさまざまな行動を起こしています。

池田高雄は、休日になると自ら近所の公園に出向いて野良猫や捨てられている子猫を見つけています。既にオトナになっている猫だとそれ以上繁殖しないように一度保護し、去勢や避妊手術を受ける段取りを組みます。地域と野生の猫が共存するにはこれ以上猫を増やさないことだと考え、これまでにも多くの猫を保護し動物病院で不妊手術を受けさせました。また、インターネットや現実世界の情報網を駆使して保護した猫の譲渡先も探しています。池田高雄はこれまで作り上げてきた独自のネットワークがありますし、他のボランティア団体とも連携しているため迅速に譲渡先を見つけることを得意としています。しかも、譲渡する先の人間が猫に虐待を加えるような人間でないかどうかも徹底的に見極めています。彼が代表を務めるボランティア団体は他のグループよりも譲渡先の審査が厳しいと評判です。

猫の幸せを第一に考えている池田高雄は、譲渡先の人間について徹底的に審査しています。ただ、一般的な里親ボランティア団体にありがちな「一人暮らしの男性だからNG」「高齢だからダメ」ということはなく、その猫が必ず幸せになれると感じたら譲渡するようにしています。こうした姿勢も高く評価されている理由の一つなのでしょう。猫が欲しいと考えている方の中にはそうした団体から譲渡を断られ続けているという方も珍しくありません。そうした方でも彼のもとを訪れ、猫に対する愛情や現実的な育成プランをしっかり伝えることで譲渡が可能となることもあります。猫はもちろん、譲渡先の人間のこともしっかり考えているのが池田高雄という人物なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 徳永祐助はインテリアデザイナーをしており、その仕事に日々やりがいを感じています。多くの人は自分の好き…
  2. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  3. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…

アーカイブ

ページ上部へ戻る