集合住宅での太陽光発電の現状と展望/下田穣

下田穣が考える「集合住宅での太陽光発電の現状と展望」とは。

下田穣はリベラルソリューション株式会社の代表取締役です。リベラルソリューション株式会社は地球環境を考慮し、太陽光発電や風力発電、LED照明などクライアントに合わせて様々な提案をしている会社です。

2014年4月には、消費税率が5%から8%に引き上げられ、大きな注目が集まっていました。彼は、この消費税率の影響は計り知れないと考えており、一部からは消費意欲が減退してデフレを加速させるという声も出ていると主張しました。これは、自動車や住宅といった高額な商品に特に影響があるということで、ますます消費意欲が減退していくと考えられました。反面、このデフレを反映して、住宅ローンの金利が非常に低く設定されていて、概ね2%前後という低金利で住宅ローンを組むことができるようになっています。これは、歴史的にみても非常に水準が低く設定がされているので、ローンを組みやすいといえます。
上記の理由から、彼は太陽光発電が戸建てやマンションに関わらず、大きなニーズがあるだろうと考えました。

しかし、既に建設されているマンション等の集合住宅の場合は、太陽光発電設備を導入するのは困難だと下田穣は考えています。太陽光発電の助成制度に関しては、個人が自分の家に設置し、世帯ごとに発電するというように作られています。ですので、集合住宅で太陽光発電の設備を導入すると、屋上部分に太陽光発電設備を世帯ごとに設置し、各世帯でそれぞれ利用するというものになります。これは、確かに難しいかもしれませんが、不可能ではないと主張し、導入も普及する可能性が高いと考えます。

集合住宅では、屋上は共用部分であることがほとんどです。個人が導入したいと言っても、共用部分になっている場合は導入することはできない状況でしょう。ただ住人同士で屋上部分の太陽光発電設備の導入をしても良いか話し合いをして、合意があった場合に設備工事も行えます。集合住宅は、このようにして太陽光発電設備を導入が実現することが可能です。

東日本大震災の時には、多くの地域で停電が計画され、一部地域では太陽光発電が導入されました。六本木ヒルズでは、自家発電設備も導入されていたため、停電の影響を受けなかったという事例もあります。非常時への備えのためにも、下田穣はこれからどんどん導入がされていく設備なのではないのかと推測しています。

集合住宅での太陽光発電の現状と展望/下田穣
http://news.goo.ne.jp/article/biztimes/business/biztimes-20121024-02.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 徳永祐助はインテリアデザイナーをしており、その仕事に日々やりがいを感じています。多くの人は自分の好き…
  2. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  3. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…

アーカイブ

ページ上部へ戻る