高谷知佐子の弁護士という生き方

高谷知佐子は、M&A及び人事・労務管理の分野を専門にする弁護士です。日本だけでなく、アメリカの弁護士資格を保有しており、しかも海外の法律事務所の勤務経験があるため、シンガポール法務、インド法務等、東南アジア・南アジア諸国をターゲットとするクロスボーダー案件も扱っています。
高谷知佐子は1969年生まれです。1993年東京大学法学部卒業後、1995年に弁護士登録をして、弁護士としての活動を開始しました。しかし彼女は国内に留まらず、1999年に米コーネル大学ロースクールを卒業して、ニューヨーク州弁護士として弁護士登録をします。その後1999年から2000年まで、シンガポールのArthurLokeBernard Rada and Lee法律事務所、2000年には、インドのKochhar & Co.法律事務所のそれぞれに、研修生として勤務します。
帰国後は2001年から、日本でも一流の法律事務所である、森・濱田松本法律事務所に所属して、上記M&Aや人事・労務管理案件を扱って、今日に至っています。特に、海外への留学・就業経験のおかげで、外資系企業の人事労務問題を取り扱うことが比較的多いです。外資系企業をサポートする際には、単に英語がペラペラであるというだけではなく、海外と日本との法制度や文化の違いをうまく対応していくことが大切です。
また、現在の高谷知佐子は、日系企業のアジア進出に対するサポートにも、積極的に取り組んでいます。現地法律事務所へ勤務した経験のおかげで、インドに対する案件を担当することが多いですが、今後はさらに、バングラディシュ、パキスタン南アジア全般にも、対応可能な範囲を広げる予定です。

高谷知佐子は「日経ビジネス」の「弁護士ランキング 労務管理部門」では何回も上位ランク入りしています。何故、彼女はこの分野を主要業務として選び、高名な弁護士になることができたのでしょうか。
彼女は、日本に帰ってからは、M&Aの分野の仕事に多く取り組んでいました。しかしその際、労働関連の日常相談、訴訟・紛争対応、制度構築、行政対応、組合対応等といった「人」にかかわる問題が必ず登場することになるのです。そのため、クライアント企業人事の相談を受けるようなこともしばしば起こって、自然に労務管理の勉強をするようになったそうです。そして遂には、彼女の主要な業務分野のひとつとなったそうです。
しかも、高谷知佐子にいわせると、労務管理の分野に、彼女は性格的な適性があったのではないかと言っています。人事・労務に関するトラブルは、その解決の際に、会社側あるいは従業員のどちらかが勝ち切ってしまうと、負けたほうが立ち直れないほどになったり、しこりが残ったりしてしまう傾向があります。そのような後味の悪い決着を迎えないためには、昔の「三方一両損」という言い回しが示す通り、それぞれが適度に譲ったところで解決する、ぐらいが丁度いいのだそうです。ところが一般的な弁護士は、白黒はっきりつけ明確な判決を望む傾向があるので、このような灰色のボーダーラインを残した解決策では、すっきりと溜飲を下げることができません。彼等にとって、人事・労務の仕事は好ましいものではないそうです。
しかし高谷知佐子は、彼女自身は決して白黒つけたいタイプの性格ではないので、人事・労務の仕事をやっていくことができるのではないかと彼女自身で分析しています。

高谷知佐子が職業を選ぶことになったときは、バブルがはじけた直後の先が見えない時代です。彼女はこの不安定な時代に、国家公務員になろうと、試験を受けました。しかしお役所巡りをしているうちに、国の役所における女性キャリアへの門戸の狭さを感じるようになりました。そのためより自由のある職業として、司法試験を受けて合格し、司法修習生になることに決めました。
司法修習生になった当時、高谷知佐子は検事志望でした。しかし、結局は、将来の仕事の可能性の広がり、という点から検事より弁護士を選び、登録を行って、第二東京弁護士会所属の弁護士となったのです。結局、この「自由さ」とか「将来の可能性の広がり」という言葉は、彼女の弁護士人生のキーポイントにもなっています。
弁護士登録後は、単に日々の業務を積み重ねながらキャリアを積み重ねるのではなくて、思い切ってアメリカのコーネル大学ロースクールに留学し、ニューヨーク州弁護士としてアメリカの法曹会での地位を手に入れます。しかし、アメリカで仕事をするのかと思えば、そうではなくて、1999年から2000年までシンガポールの法律事務所で、2000年にはインドの法律事務所で、研修生として働きます。弁護士、という活動を通じて、より幅広い世界に関わることができたわけです。
帰国後の高谷知佐子は、前述のとおり、日本の法律事務所で、M&A及び人事・労務管理の専門家として働きながら、さらに自分の可能性を広げるため、海外留学・勤務経験を生かし、新しい分野にも進出しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 痩せようと思っている人のなかには、体重計での重さばかりを気にしているような人もいるようです。美しく痩…
  2. 浦和 エステのbluedoorは、駅からとても近くにあるサロンで、お手頃な価格の施術メニューを多数用…
  3. 大井町 美容室では、顧客目線のサービスを提供しています。まず、年中無休なので平日、休日問わず対応して…

アーカイブ

ページ上部へ戻る