どうぶつ基金を続ける佐上邦久の思い

どうぶつ基金とは、野良猫が繁殖しすぎてしまい殺処分となってしまう事を防ぐ事を目的として作られた制度で、佐上邦久を中心に活動の輪が広がっています。動物を守るためには、繁殖を行い数を増やす事も大切ですが、あまりに数が増えすぎてしまった場合には去勢手術や不妊手術を行う事により、繁殖に制限を掛けるという方法を取る事が理想と言う事が出来るのです。佐上邦久は、動物がみだりに増えてしまい、適正な飼い主が居ないにもかかわらず繁殖が行われてしまう事を防ぐために、どうぶつ基金の計画を支援しています。

どうぶつ基金では、佐上邦久の指導のもと、野良猫に対する経口避妊薬の投与や不妊手術を利用するなどの方法を取る事により、適性な数の猫が存在する状況が保たれるように努力を行っています。どうぶつ基金による去勢の方法は、メスの場合は子宮を取り除いたり、卵巣を除去するなどの方法を取り、オスの場合にはパイプカットを行うなどの手術を行うなどの方法により生殖を不能にしているのです。どうぶつ基金では様々な機関と綿密な連絡を取る事により、去勢が行われていない野良猫を迅速に発見する事が出来るような体制を整えています。

どうぶつ基金の佐上邦久は、できるだけ早期に不妊手術を行う事により、殺処分をされるために生まれてくる命を救うための活動をしています。早期の不妊手術は、手術を受ける猫にとっての負担も軽く済むために、なるべく早い段階で手術を行う事を目標にしているのです。そんな中、どうぶつ基金の佐上邦久は、捕まえる事のできなかったメスであっても不妊治療を行う事の出来る画期的な方法として、経口避妊薬の投与によるメスの不妊治療にも力を入れており、動物の愛護に力を入れている人物だという事が出来ます。

公益財団法人どうぶつ基金
https://www.doubutukikin.or.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 徳永祐助はインテリアデザイナーをしており、その仕事に日々やりがいを感じています。多くの人は自分の好き…
  2. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  3. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…

アーカイブ

ページ上部へ戻る