レイコップのふとんプロジェクト

レイコップを販売しているレイコップ・ジャパンという会社が、ふとんクリーナーを保育園や養護施設などに贈って、ふとんクリーナーの性能を試してもらう「レイコップあんしんお昼寝プロジェクト」を実施しています。レイコップの性能を確かめるには、実際に保育園や養護施設のスタッフなどに使ってもらって、性能を確認してもらうのが一番だからでしょう。多くの人の意見を聞くことで、開発者が気づけない意外な改良点が出てくるかもしれません。

レイコップあんしんお昼寝プロジェクトでわかるのは、ふとんがどれだけ汚れているかということです。いつも寝ているふとんから大量のゴミが出るのを確認すると、これは身体に良くないというのがよくわかります。また、レイコップ・ジャパンにレイコップに付いているさまざまな機能を説明されると、どれだけ工夫を凝らしたクリーナーなのかということも納得できるでしょう。

レイコップには、ふとんを掃除する以上に、ふとん干しができない環境をいかにして改善するかという努力がなされています。「UVランプ・たたく・吸う」という3つの機能を付けて、ふとんを干すという労力を減らしています。特に、保育園や養護施設などは、入所している人が多いことから、ふとん干しの手間についても、家族のふとんだけ干せばいいという一般家庭とは異なります。保育園や養護施設全員のふとんを毎日干すなどということは、不可能に近いでしょう。

最近は、春先に花粉が飛んだり、中国から黄砂が風に流されてきたりして、大気の状態も悪くなってきています。ふとんを干さないことが身体に悪いと言う以上に、外にふとんを干すことも身体に悪い物質をふとんにつけてしまうおそれがあります。また、日本は災害が増えており、夏に突然ゲリラ豪雨に見舞われるようなこともあります。ふとんを気軽に干せなくなっているという状況の中で、レイコップというふとんクリーナーは開発されました。

レイコップ・ジャパンには、R&Dセンターという、ハウスダストの分析やダニの生態を調べたり、住まいの環境の研究を専門に行っている部署があります。R&Dセンターは、ハウスダストからアレルギー症状を起こす原因となるアレルゲン物質の抽出を行って、アレルギーに対する研究を行っています。現在、R&Dセンターは「ふとんドックプロジェクト」を立ち上げて、研究員がハウスダストやダニなどでお悩みのご家庭を訪問しています。実際にレイコップを使ってもらうことで、今以上に使いやすくなることが期待できるでしょう。

レイコップ・ジャパン株式会社
http://www.asahi-mullion.com/presents/detail/3678

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  2. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…
  3. 村瀬孝司は、現在は30歳になろうかというところですが、沢山の人をこれまでに助けてきました。彼は、実は…

アーカイブ

ページ上部へ戻る