ぬくもりを感じさせる加賀建設

こだわりの木材を使って家を建設する会社、加賀建設では木の特徴を十分理解した上で家造りの素材として使用しております。天然木100パーセントを使うことで、建てられた家には温もりがあり、有害物質も出ず、とても快適に住み続けることができます。さらに加賀建設では、家を建てるだけではなく、建てたあとのアフターケアも手厚く行っています。この会社では「100年もつ家を造る」ことを信念に掲げている会社です。家にも寿命がありますので、時が経てば必ずどこかに傷みが出てきてしまいます。その傷みがひどくならないうちに建てられた後も定期的に訪問して見ていくことで、前もって修復をしていきます。こうしたメンテナンスを行っていくことで、最悪な事態を未然に防ぐのです。

人が1つの家に100年住むことを目指していくということは、容易なことではありません。さらにその素材が木であれば、さらに難しいのではないかと言われています。しかし天然木は1本の原木から切り出され、クオリティにこだわったお客様の間では、とても信頼のあるものです。無垢材とも言いますが、この無垢材の一番いいところはその自然が持つ独特の癒し効果や、自然な香りです。そして人が住む家の素材に使うことで、他の人工のものから出てくる有害物質なども一切出ませんし、アレルギーなどにもなりません。

実際に天然木の家に住むことで、体の不調が気付けば無くなっていたということもあります。コスト的に考えてしまうと決して低いものではありませんが、一生住むという考えからでは、どこかで妥協して家を建てるよりもこうして先を見通して家を建てられるほうが、住む人にはとても良いことなのです。加賀建設では、家を建てるまで、そして建てた後のお客様との関係をとても大切にしています。家造りを考えたらまずは加賀建設のホームページの情報を見てください。ここで相談も、お客様の気が済むまでどのようなことでも、真摯に受け止めてくれます。そして家を造っていく中で、そのイメージやこの会社とお客様との感覚などを話し合いながら、理想の家の形を決めていきます。

もちろんお客様が考えているイメージにあわせてその土地の調査もしていきます。土地の状況や近隣の環境チェックなどいくつか調べていくこともしています。その他に、加賀建設では資金計画、融資などの相談もできます。

加賀建設
http://www.kagakensetu.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 庭野仁司は、年齢が39歳で血液型がA型の大阪府出身の既婚男性です。大阪府出身ですが、勤務地は都内で、…
  2. 大変な大学受験を制して見事に難関大学へ合格した松岡哲也は、親元を離れて春から都内で一人暮らしをする青…
  3. 村瀬孝司は、現在は30歳になろうかというところですが、沢山の人をこれまでに助けてきました。彼は、実は…

アーカイブ

ページ上部へ戻る